※スマートフォンの方も、PC版ページで見たほうが分かりやすい場合があります。

【注意】必ず同意文に同意してからお読みください。

はじめに

2006年、某掲示板に“まさ”と名乗る人物が現れました。自称元窃盗団の男です。そして、彼は窃盗団の手口などについて明かしはじめました。少しでもバイクのりの役に立ちたかったのだそうです。

 

そして今、この出来事からしばらく経ちました。けれども、このときの書き込みは未だに参考になります。

自分のバイクや環境にあったセキュリティを探すひとつの手掛かりになるでしょう。

 

しかし掲示板の性質上情報が混在しており、多少読みにくい状態でしたので、まとめてみました。

何度も見返して役立ててくれるとうれしいです。

 

“まさ”の書き込みの原文が読みたい方はこちらへどうぞ

目次

  1. “まさ”のプロフィール
  2. 窃盗団の手口
  3. 狙っていたバイク
  4. 流通先
  5. 道具
  6. ロック、セキュリティ用品
  7. 有効と考えられるセキュリティ
  8. “まさ”のセキュリティ
  9. 失敗、断念した例
  10. 外国人グループ
  11. キタコロック
  12. チョコチョコ
  13. その他
  14. 最後に

“まさ”のプロフィール

  • 元珍走団、窃盗団。現在は一般的な社会人。バイクを所有している。
  • 珍走行為や窃盗などの罪で懲役刑となった。
  • 出所後、自分で一からバイクを組み上げ大切にしていたが、そのバイクが窃盗に遭った。そしてそのとき、自分が窃盗団であったことを後悔した。
  • その後、酒の席で現役の窃盗団(以下、現役君)と知り合い、掲示板に犯行の手口などを書き込むことを決意した。

まさ「たくさんの人達にアドバイスすることができれば少しは役に立つのではないかと思った」

窃盗団の手口

  • 人数:3~5人
  • 車:ワンボックス車
  • 犯行時刻:深夜2~5時
  • 犯行時間:平均5分
  • 年齢:昔は珍走団あがりの若い人ばかりだったが、今はそうでもない。
  • 報酬:まさの場合、月50万円ほど(窃盗以外の収入込)
  • 盗むバイク:車種、色が上の組織から指定される。それ以外は盗まない。ターゲットが複数ある場合、バイクのセキュリティーレベルも考慮してその中から盗むバイクを選ぶ。
  • 武器:個人個人で武装していた可能性はある。
  • 保管場所:表向きには合法な倉庫がいくつか用意されており、少数ではあるが常に車体がある状態だった。暇なときに残っているロックをここで破壊していた。
  • 行動範囲:特にない
  • 頻度:考えたことはないが、1か月以上同じ土地で犯行したことはない。
  • 偵察:軽い偵察は常にしている。ターゲットを発見したらロック状況を報告し、必要な道具を揃えて団員に連絡していた。
  • 発見から犯行までの時間:発見した当日または翌日
  • ピッキング:メインキーにピッキングすることはあるが、普通のロックにすることはない。
  • 走行中のバイクの追跡:指定されているバイクが珍しいものであり、それが走っていたら追跡する可能性もある

 

よく、バイクの買い取りチラシで犯行のチャンスをうかがっていると言われますよね。しかし、まさのグループはチラシでの探りは行っていなかったそうです。発見から犯行にかける時間が短かったため必要なかったそうです。

ということは、必ずしも盗難をチラシで予期できるわけではない、ということですね。なんの前触れもなくバイクが消え去る、なーんてことが起こりうるわけです。

もちろん、まさの窃盗団が特殊であった可能性もあります。すべての窃盗団がチラシ貼りをしていないとは限りません。したがって、やはりチラシには注意が必要だと思います。まさも、チラシ貼りは窃盗団などが行う探りの方法として有効だと書き込んでいました。

 また、バイクカバーがしっかりと固定されていたとしても、車種確認を諦めることはないそうです。時にはカバーを引き裂いて確認するらしいですよ。これも犯行までの時間が短いことに起因することだそうです。

狙っていたバイク

出典http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/
出典http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/
  • まさも現役君も、SS系やアメリカン(ハーレーみたいなの)を主に狙っていた。
  • しかし、最近は旧車もターゲットになっている。
  • 400㏄ネイキッドタイプのバイクは窃盗団よりは珍走団に狙われやすい。
  • 珍走団は強盗まがいのことも平気でするので走行中も注意が必要。
  • 台湾で車体番号が削られている(盗難車の可能性が高い)ホンダ400SS,Z400FXを発見したこともある。

 

やはり窃盗団に狙われやすいのは単価の高いバイクのようですね。

追加情報ですが、まさは窃盗団に入ってからは小排気量者を盗んだことはなかったそうです。

流通先

出典 tsuwamono.blogspot.com
出典 tsuwamono.blogspot.com
  • SS、ハーレー系→以前は主にそのまま海外に輸出していた。しかし、最近は法規制強化のためパーツ販売が多くなっている。
  • 旧車→主にパーツ販売(国内)

※パーツ販売は素人相手のヤフオク等ではない

 

最近はもっぱらパーツ販売のようですね。

窃盗団盗まれてしまったら、バイクを被害者が買い戻して犯人を特定することは難しいかもしれません。しかし、実際にオークションサイトから犯人を特定した例もありますので、そのときは最後まで諦めないようにしてください。

まあ、最初から盗まれないのが一番いいんですけどね。

道具

車用ジャッキ
出典www.komeri.com
  • 珍走団の道具
    • バール等棒状の金属
    • 広げて破断する道具:窃盗団のものに似ているが、それと比べるとかなり弱い
    • ジャッキ:まさが現役になる前までは主流だったが、現在は少数

 珍走団は基本的にたいした道具は使わないそうです。なので、珍走団対策と割り切るのならば一概には言えませんが、5000円以上のロックで安心だそうです。※まさ個人の考えです。

また、彼らの大半はディスクロックが最強のロックだと考えているそうですよ。

 

  • 窃盗団の道具

[まさが使用していた道具]

  • 大きさ:ビール瓶よりは大きいが、1mもない
  • 重さ:1~5㎏
  • ロックの隙間や穴にはめこみ広げて破断するような道具。
  • まさが現役のころは最強かつオールマイティーなものだった。
  • 道具をはめこむ隙間が大きい場合でも問題はない。
  • 引っかける場所が無いときはアタッチメントを使用する。
  • しかし、アタッチメント自体の強度が弱い(というよりは道具の力が強すぎる)ため、アタッチメントがはじけ飛ぶことがあるのでできるだけ使いたくないと考えていた。

 

[現役君が使用している道具]

まさが使っていた道具よりパワーアップしたものを使用している。そして、最近新たに切断系の道具も加わった。

工具のイメージ
出典 blog.canpan.info 

窃盗団は道具が引っかかるか否かで破断できるか判断していて、材質等はあまり考えていないそうです。また、道具は上から渡されたものであり、これを見た人の多くが「破壊できないロックはないのではないか」と思うほど凄まじい力があるんだとか。

道具に心当たりがある人の書き込みによるとこの道具には約50トンの力があるそうです。ただ、それが本当にまさが話していた道具かは不明です。

この道具を持っていない窃盗団や、道具を持っていてもアタッチメントを持っていない窃盗団も多いそうなので、このようなグループに抵抗することはできそうですが、これら全てを持っている窃盗団が存在することを考えると恐ろしいですね。

ロック、セキュリティー用品

出典 osprey26.blog.so-net.ne.jp
出典 osprey26.blog.so-net.ne.jp
  • ワイヤーロック:時間を要するものもあるが、ほぼ無力
  • チェーン系:ワイヤーロックより時間はかかるが時間稼ぎにしかならず、諦める理由にはならない(トップクラスのものは不明)
  • U字ロック:構造上無力
  • ディスクロック:大きさに関係なくほぼ無力で、大体のものは3分以内にその場で破壊可能。珍走団対策にはなる。
  • 南京錠:例の道具(参照:窃盗団の道具)にアタッチメントを装着すればほぼ確実に破断可能
  • アンカー:駐車場にあるアンカー状のものは1分以内に破壊できる
  • アラーム:車用の10万円近いものを含め、簡単に解除可能。複数付ければ有効
  • イモビライザー:点滅する警告ランプは珍走団対策になるが、窃盗団にとってはあろうがなかろうが関係ない
  • HISS(ホンダのセキュリティーシステム)簡単に無効化できる。現役君「所詮人がつくったもの」
  • GPS装置:無線機のようなもので有無を確認できる。しかし、電波を拾えないこともあるので倉庫に戻るまでは不安が残る。
  • センサーライト:簡単に無効化できる
  • カメラ系:珍走団対策にはなるかもしれないが、彼らはカメラに黒スプレーすることもあるので注意。窃盗団にはあまり効果はない。
  • シャッター:消防法か何かによって簡単に侵入できるように定められている。破壊工作一切なしで内部の様子を確認可能なため、シャッター内でもバイクカバー必須。また、シャッター付きガレージの中の犯行は人目がないため気が楽。
  • 犬:危害を加えずに無効化可能。

     

 

 

 

窃盗団にとってロックを破断させることは難しいことではありません。ロックによって異なるのは破断にかかる時間だけだと考えているそうです。そして、破断時の音は、とある工夫で抑えることができ、ほとんど聞こえなくなるそうです。

さらに、車を動かすことも容易なので車で通路を塞ぐ等の対策も窃盗団の前では無力だそうです。恐ろしいですね。

しかし、これらは道具に恵まれていた元窃盗団の考えであり、彼ら以外には十分な効果を発揮するものもあります。

これらの意見も参考にしつつ自分が納得できる商品の組み合わせ等を考えることをおすすめします。

有効と考えられるセキュリティー

地球ロック
出典www.webike.net
  • 架空の買い取りチラシを貼っておく:多くの窃盗団は上に大きな組織があるため、ほかのグループとの遭遇を警戒している。架空のチラシを貼ることで、常にどこかの窃盗団に狙われている状況を演出することができる。
  • アラームを複数個付ける:バイクカバーを裂くと作動するようにしておく等
  • 破断が困難と考えられるロックをフレームに通す:スイングアームにしか通らない場合はスイングアーム+リアホイルに通す。
  • 前輪、後輪ともに地球ロック
  • アンカー:通すチェーンギリギリの内径の頑丈なアンカーを使用する。
  • バイクの保管場所:バイクが見つからないように工夫する。もしくは、いつバイクの持ち主や家族、知り合い等が通るか分からない場所にバイクを置く。
  • 破壊できないところに地球ロックする:電柱、ガス管、カーポートの支柱など(自己責任)
  • 下見をされた様子なら、すぐにでもバイクを移動させる。

 

架空の買い取りチラシは目からうろこですね。ぜひやってみたいです。

 また、地球ロックについて、まさは出先でも怠らないことを勧めていました。人目に付く場所では、地球ロックだけ破壊して車に積み込んでしまうことが多いそうです。そうなると、地球ロックには特に頑丈なロックを使用したいですね。

それから、「地球ロックをするときはロックを宙に浮かせたほうがいい」とよく言われます。しかし、窃盗団対策としての効果はあまり期待できないそうです。(手動の道具しか持っていないグループには有効だと考えられます)

【注意】有効と考えられるものであり、その効果を保障するものではありません。

“まさ”のセキュリティー

  • シャッター付きガレージ
  • 前輪ワイヤーロック
  • 後輪チェーンロック
  • スチールメイト
  • ココセコム(強盗、乗り逃げ対策)
  • バイクカバー
  • 帰宅ルートを毎回変える(バイクの存在を知られないため)
  • 周辺の珍走団と仲良くして情報を集める

 

まさが所有しているバイクは窃盗団に盗まれる可能性が低いため、これらの対策は珍走団対策と割り切っているようです。まさ自身、10分以内に解除できるだろうと書き込んでいました。また、外出先でメインのバイクのそばから離れることはまずなく、用事に出かけるときはサブのバイクを用意しているとのことでした。

盗難対策は何よりバイクの存在を消すことを心掛けているそうです。

失敗、断念した例

  • 自作のトラップが仕掛けられていた場合
  • 道具を使いにくいロックが複数かけられていた場合
  • 常に人の気配があった場合
  • バイクカバーを切り裂くと中から花束が出てきた場合

 

自作のトラップは、バイクを動かすと上方の窓で回転灯が光るような仕掛けになっていて、まさは驚いて逃げたそうです。しかし、現役君曰く、最近は想定外のことが起こっても冷静に対処することがステータスになっていて「何が何でも持って帰る」をモットーにしているそうです。

外国人グループ(人から聞いた話)

外国人グループは仕事が荒く、大きな音を出してしまうことが多い。そのため、厳重なロックがなされているバイクは狙われにくい。また、道具に頼らず、力で破壊することが多い。

 

 

最近は日本人のグループはほぼ壊滅状態で、今残っているのは殆ど外国人グループらしいです。まだまだ気の抜けない状況ではありますが、少しずつ状況はよくなっているのかもしれません。ライダーが安心してバイクに乗れる時代がいつか来るといいですね。

あとは外国人グループが最強の破壊工具を手にしないことを祈るのみです。でも、もし、手にしてしまったら、、、

キタコロックについて

出典 www.ecj.jp
出典 www.ecj.jp

非常によく考えられているロックで、ねらい目なところ(おそらく接続部のピン)がないわけではないが、道具を引っ掛けにくいつくりになっている。

また、永井さん(キタコロックの開発者)のブログ等を見ると、彼が窃盗団の道具がなにかを知っていることがわかる。そして、本当に道具を知った上で開発したロックならば、かなりの効果を期待できる。

おそらくもうキタコロックに対応するアタッチメントは存在するだろうが、それでも破断例が無いのならば最強のロックなのかもしれない。

[現役君の話]

まさが使用していた古い道具では破断できないロックが出てきた。

そのロックはチェーンではなく、カバーは黒っぽかったためキタコロックの可能性もある。

 

 

掲示板の一般の人の書き込みで、チェーン以外で強いロックはキタコロックかバロンロック位しかなく、ロックの色から考えると、破断できなかったのはキタコロックではないかという意見もありました。

そしてその後、まさが「バロンロックは破断させたことがある」と答えたため、破断できなかったロックがキタコロックである可能性は十分に考えられます。

しかし、まさは現役君が使用しているという新しい道具のパワーが不明なため、その存在が気になるようでした。

【注意】破断できなかったロックがキタコロックと確定したわけではありません。

【注意】まさはキタコロックの実物を見たことはなく、画像等を見た上での判断です。

出典 minkara.carview.co.jp
出典 minkara.carview.co.jp

チョコチョコについて

出典 www.webike.net
出典 www.webike.net

このロックを開発した業界の人はおそらく窃盗団の道具が何か知っていると思う。それなのに何故道具が掛けやすいチェーンロックにしたのかは分からないが、このロックに破断例がないのなら、道具以上の強度があるのかもしれない。

道具が掛けにくいという点ではキタコロックに劣るが、トップクラスのロックだと思う。(破断不可能という意味ではない)

 

 

チョコのように引っ張りに強いロックでも、使用する道具は切断具ではなく主に引っ張りを利用する道具(上記の道具かは不明)だそうです。

強固なチェーンロックはチョコだけではないので、それぞれの特徴を理解したうえで自分のバイクや用途に合ったものを考えるのがいいかもしれません。

【注意】まさはチョコの実物を見たことはなく、画像等を見た上での判断です。

 

出典 www.kanamonoya.co.jp
出典 www.kanamonoya.co.jp

その他

  • カブなどのビジネスバイクを大量輸出していたことを聞いたことはあるが、最近はあまり聞かない。
  • モンキー窃盗団がいると聞いたことがある。
  • 珍走団時代の名残で、人数が多いときは玄関を塞ぐという役もあった。
  • 基本的にロックよりも先にアンカーの破壊を考えるが、結果的にアンカーとロックは同じくらいの割合で破壊していた。
  • 経験はないが、まさは犯行中に持ち主が出てきたら逃げるだろうと答えた※深追いしてはならない
  • ホイールを外して盗むことは滅多にない(かといってホイールにしかロックをかけないのは危険です)

最後に

いかがだったでしょうか、まさの書き込みは参考になったでしょうか。

 

ここからは私個人の意見になります。

 

私が盗難対策の方法を調べていたときに結果として出てきたものには、窃盗団などの手口をほとんど知らずに考えられている(と思われる)ものがありました。もちろん、すべてがそうとは言いませんけどね。

バイク乗りにとって窃盗団や珍走団などの加害者はもはや敵です。そして、その敵を知らずに最善の対策することは不可能です。

 

暇があったら日本史の教科書を見返してみてください。そして考えてみてください。負けた武将の共通点をです。

おそらく、負けた武将たちは「思い込みをしていた」、「情報不足だった」、「慢心していた」のいずれかに該当すると思います。これが敗者の共通点です。

 

これは私の中学生時代の恩師(林修先生ではありません)に教えてもらった言葉ですが、盗難対策でも同じことが言えるのではないでしょうか。ロックが足りなかったり、敵を知らなかったり、これで大丈夫だと慢心していては、いつか敗北する時がくるのです。

 

また、当たり前のことですが、敵の情報は豊富にあるわけではありません。まさの書き込みのような情報はとても貴重なのです。しかし、これも最新の情報ではありません。つまり、バイク乗りが不利な状況にあることを常に頭にいれておく必要があります。

 

おもわず熱く語ってしまいましたが、結局何が言いたいかというと、敵を知らないと盗難対策は始まらないということです。敵を知った上で、治安や経済状況、バイクにあった盗難対策をしてみてください。

 

最終的にどう対策するか決めるのは貴方です。私の意見を参考にするもしないも自由です。ただ、私が皆さんのお役に立てたのなら幸いです。

 

バイク乗りの皆さんがバイクで悲しむ日が来ないことを願っています。

(2015/01/12)

 



コメント: 5
  • #5

    Z1 (火曜日, 29 8月 2017 13:40)

    スライドボードさえ掛けれれば、リッターマシンどころかハーレークラスでも女の子1人で動かせる。
     そう考えるといかにバイクの周辺を固めるか、よりもいかにバイクを隠すか、見つからないようにするかのほうが重要な気がする。
     
    http://www.power-system.co.jp/blade.html

  • #4

    ヤマカツ (木曜日, 06 7月 2017 02:10)

    愛知県豊川市御津町赤根百々63-4
    *個体あり

  • #3

    H2 (土曜日, 22 4月 2017 11:00)

    前輪外してます

  • #2

    (日曜日, 24 4月 2016 02:13)

    ブラブラさせてるロックはまったく意味無い。
    バイク運送屋やSHOPでも使ってるスライドボードに
    前後輪載せてしまえば、リッターバイクでも女の子が運べる

  • #1

    nek (月曜日, 11 4月 2016 23:06)

    初めてバイクを買ったのはいいが、セキュリティに不安を感じていたので大変参考になった。

    確保した駐輪スペースが道路から丸見え!
    買ったバイクは安いものだが、軽い車体なので目をつけられたなら数人で軽トラにでも積まれてドナドナだろうな。

    幸い電柱に手がとどく距離なので地球ロックはしておこう。
    納車までの間、もう少し勉強します。